2009年01月09日

今日から

こんばんは。このサイトはパチスロ日記となります。
現在私は借金総額が約12万あります。
これから一ヶ月パチスロ打って返します。
甘ったるい考えですけど見ててください。

現在AM3:40分です。8時から仕事です・・・。
行くのが億劫ですけど仕方ありません。

posted by shiya at 03:43| Comment(42) | TrackBack(0) | パチスロ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

2008/5/30 取得時講習

今日は高石ドライビングスクールで取得時講習を受講してきました。

9時40分〜17時30分のロングスパンでしたが
教官もいい人で楽しく受講できました。

土・日は運転免許試験場も空いてないので月曜に免許発行しに行きます。

posted by shiya at 15:33| Comment(19) | TrackBack(2) | 一発試験 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

一発試験とは!?

一発試験とは!?

公安委員会が指定する公認自動車学校に通わず
各都道府県にある運転免許試験場(免許センター)で直接試験を受けて免許を取得することを一発試験という。

一発試験のメリット・デメリット

メリット

・試験回数にもよりますが仮に非公認の教習所に通って練習しても普通の教習所よりはかなり安くなります

・公認教習所に定められている学科時間がない。

・免許を取得した時の喜びは普通に免許取得より別格。

デメリット

・免許を取れる保証がない。

・試験は平日しかないのでなかなか予定がつかず結局長引くことも。

・試験に落ちる度に精神的に辛くなる。

・毎回試験場に行くのは面倒くさすぎる。

一発試験の手順

・各都道府県の運転免許試験場(免許センター)でまず
仮免許学科試験を受ける。
*(二輪免許持ってる方は受ける必要ありません)

・後日仮免許技能試験を受ける。

・仮免許合格後に免許取得3年以上の人に車に乗ってもらい1日2時間×5日以上練習して路上練習申告書なるものに記入して
本免許学科試験を受ける。

・後日本免許技能試験を受ける。

・取得時講習を受講してそれから免許発行。


新規で一発試験で免許を取得する方は相当な根性が必要です。

仮免許技能試験で挫折する人もいます。
私の知っている人で15回落ちた人もいました。
平均6〜8回らしいですが人によってまちまちです。
これは私の経験上の推測なんですが一発試験はにも左右されています。


人生一度きりなので一発試験で免許取得も面白い経験だと思います^^
ただ落ちた時は猛烈に後悔しますけど・・・(笑
でもいつか免許を取れる!そう思うことが大切です。
posted by shiya at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一発試験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

本免許路上試験 対策

ここまで来るとゴールはもうすぐです。
仮免許技能試験と比べて比較的路上試験の方が易しいです。

ただ門真運転免許試験場の周りは交通量が多いので
集中して運転しないとすぐに試験中止になります。

路上試験とは

まず路上試験は場内試験コースの東門(G地点)からS地点まで試験官が道を教えてくれる一般課題があります。

次にS地点までいくと適当な路肩に停車してG地点まで自分で帰り道を試験官に言う自主経路があります。

そしてG地点まで戻ってきてその時点数が残っていれば場内で
縦列駐車方向変換をします。

この三つの課題を無事終了したら合格です。


路上試験のポイント

まず路上試験の方ですが、これははっきり言って普通に走れたら
大丈夫です。

しかも試験官が仮免許技能試験と比べて路上試験の方がなんだか甘い気がします。
私の前の受験者さんは私が見てもあきらかに交差点や横断歩道の左右の安全確認をしていなかったにもかかわらず合格していました。

つまり安全確認も大事ですが路上試験の場合はいかにスムーズに走れるか!というのが重要となってきます。

門真運転免許試験場の場合30km/h、40km/h、50km/hの道があります。
言うまでもなく直線で加速できるとこは制限速度ギリギリまでいくように心がけてください。

ただ路上試験の試験車両はアクセルの効きがよくて注意しないとすぐに制限速度超えてしまいます。
特に30km/hの道は気を抜いたらすぐに35km/hぐらいまでいくのでスピードメーターをよく確認しましょう。

そして重要なのが右左折
私も普段日ごろから自転車に乗り自転車が主な交通手段となっていました。
自転車に乗る際にはどうしても無茶な運転をしてしまいます。
そう車に迷惑かかる運転をです。

つまり自転車はよく飛び出してくるのです!
右左折する時必ず後方の安全確認してください!!
そして歩行者・自転車がいたら必ず一時停止してください!
交通弱者の最優先!です。

歩行者いるのにちょっとでも進んだら一発で試験中止です。
posted by shiya at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本免許学科試験 対策

本免許学科試験は試験時間50分で文章問題90問とイラスト問題5問の計95問です。

仮免許学科試験と違い本免許学科試験は落ちる人結構いたりします。
私のときも5人中2人落ちてました。

まず対策として仮免許学科試験の時の問題を復習してください。
そして次に二輪関係の問題を重点的にやってください。
私が難しく感じたのは二輪の問題と高速道路に関係する問題です。

この二つは重点的にやらないと落ちます。

でも文章問題より大事だと思うのがイラスト問題です。
こう考えてみてください。
イラスト問題を全問正解すればイラスト問題は1問2点なので
5×2=10点です。

つまり文章問題で10問間違えても合格ということです。
しかもイラスト問題は本当に基本的な問題。
だからイラスト問題は全問正解できるようにしてください。

あとあまり古い学科教本は使わない方がいいです。
道路交通法の改正に伴い学科試験の問題も変わりますので。


本免許学科試験は一発で合格してください。
posted by shiya at 15:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮免許技能試験 対策

ここでは仮免許技能試験のポイントを書きます。
また当サイトの技能試験の対策等は主に門真運転免許試験場のポイントです。

ただ他の試験場で受ける方にも有効となると思います。
なんていったて日本屈指の難しさを誇る門真運転免許試験場なので…

普通AT仮免許技能試験は100点からの減点方式で70点以上で合格。


乗車から発進まで

*乗車する前に車の前後に何もないか安全確認をする*
(これについてはどっちでもいいって意見がありますが…
やっておいて別に損はないのでやりましょう)

シートベルトをする前に座席とルームミラーの調節*

*エンジンをかけPレンジからDレンジにかけサイドブレーキを解除*

*ルームミラーをみて右折キーを出して左右後方確認してから発進*

指定速度・S字・クランク

*ならし走行を終えて最初の課題の指定速度。
門真の場合40km/hです。40km/hぴったりになってからアクセルを離すのではなく
38km/hぐらいで離しましょう。*

*S字カーブとクランクは進入と退出が減点ポイントです。
私はS字・クランク進入するとき切り替えし1回しました。

入り口に近づいたら減速してなるべく左に寄せて入り口の際にポールが立っているのでポールと自分の体が直線上になったらハンドルを全部左に切ってください。

ただここで注意したいのは後ろのタイヤが縁石に乗り上げないように注意することです。
無理だと思ったら焦らず落ち着いて切り返ししましょう。*

坂道発進から踏み切り

*クランクを通過したら7割合格は決まりです。
ただどうしても指定速度・S字・クランクに気が入ってしまいクランク通過後一気に気が抜けないようにしてください*

*坂道発進は坂の頂上の手前で停止しサイドブレーキをかけDレンジから1レンジに操作。
そしてすぐにアクセルをやや強めに踏みながらサイドブレーキ解除。
ここで注意したいのは中途半端な力でアクセル踏んでサイドブレーキ解除したら確実に逆行します。

少しでも逆行したら試験中止なのでアクセルのふみ加減は体で覚えるしかないです*

*踏み切りは手前で一時停止して次右折するのでここで右折キーをだしておきましょう。
その後窓を開けて全力で「音よし!」の一言!
もうここまでくればほぼ合格。
あとは普通に運転して発着点に戻りましょう*


降車

試験官が「○コースの○番に停車してください」と言うのでその通りにする。
ただ停車する時必ず左折キーを出すこと!

そして減速して左寄りにしてポールの手前に停車。
サイドブレーキかけてPレンジにしてシートベルト外し右後方確認してから降車。

ここまでが試験です。


右左折・進路変更・安全確認

S字やクランク等の場内課題のポイントを先に書きましたが、
実は場内課題より安全確認や右左折する時の方が圧倒的に減点ポイントとなっています。

右折・左折

仮免許技能試験ではとにかく右左折がいっぱいあります。
つまり右左折をマスターすれば減点箇所は大幅に減るということです。

まじ左折についてですが。

左折する30m〜40m前にルームミラーみて指示器を出す。
そして左折するまでの直線はできる限り加速する!
これは重要です。
たとえ直線距離が短くても頑張って加速してください!

試験官は速度を抑えてトロトロ走るのを一番嫌います(笑)
だから緊張しすぎると慎重になりすぎて加速できるとこも加速できないので不合格になったりするんです。

そして左折する時はできるだけ左寄りにする!
曲がる手前で必ず左後方確認!
これは絶対してください!

逆に言えば今書いたことを守れば仮免許技能試験の合格がかなり近づきます。

右折の時は左折の時と違い道路の右に寄ります。
後は右折の時と同じ要領です。


進路変更

門真運転免許試験場ではならし走行を終えてすぐに障害物をよける進路変更があります。
その他にも進路変更があるのですが私が1回目不合格になったとき試験管に言われたのが「進路変更の時に指示器出すの遅すぎ」とのこと。

「進路変更する3秒前には指示器を出す」とマニュアルがある通り
指示器はなるべく早く出すのにこしたことないです。
あと進路変更するときハンドルは軽く切ってください。
右左折と違うのでハンドルを切りすぎると普通に車線からはみ出します。

安全確認


安全確認はちょっと大げさにやるのが大事だと思います。
自分では安全確認しているつもりでも試験官に伝わらなければ減点されます。
だから安全確認は誰がみてもわかる!ってぐらいに確実に行いましょう。

S字・クランクから出るとき見通しが悪いので目いっぱい前のめりになって左右を確認しましょう。
また交差点や横断歩道を渡るときは必ず左右の安全確認!



以上このページに私がまとめた仮免許技能試験のポイントを書きましたが・・・他にもまだまだあるとは思いますが!!
ここに書いてあることを試験で実践すれば必ず合格します。

また皆様もよく聞くとは思いますがメリハリ運転についてです。

右左折するときやうるやかなカーブをするときは目いっぱい減速して
カーブの終わりが近づいてきたら速やかに加速してください!

つまり直線に差し掛かったら加速してください。
門真運転免許試験場の仮免許のコースでは左折してすぐにまた右折っていう所があるのですが、そこも左折してからトロトロ走って右折するより速やかに右折した方が試験官には好印象です。

これは私の勝手な思い込みかもしれませんが
試験官は何事も速やかなのを評価するのです。
つまり遅いよりかは早い方がいいってことです。

ただじゃあなんでもかんでも早くすればいいのか?!ってことではもちろんありません。
早くできることは早くすればいいのです。

仮免許技能試験の一番難しいのは「メリハリのある運転」です。
メリハリの運転は絶対心がけてくださいね。


では皆様の御健闘をお祈りしています。



posted by shiya at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮免許学科試験 対策

ここでは仮免許学科試験のポイントを書きます。

仮免許学科試験は50問中45問以上正解で合格。
問題は全部文章問題。


ポイントと言っても・・・
普通に学科教本とか見て問題を解いていたら仮免許学科試験は絶対受かります。

飛び込み受験するにあたって学科試験で不合格になるのは
もったいないです。

posted by shiya at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/5/22 本免許路上試験1回目

本免許学科合格後…
路上教習を何回かしていよいよ本免許技能試験を迎える。

ただ路上教習ではボロクソに怒られました。
本免許技能試験を一発で合格する自信はほとんどありませんでした。
しかも縦列駐車・方向変換も数回しかやっておらず明らかに練習不足だったと思います(汗

試験は13時から。
仮免許の時と同じように受付を済まし待合ホールで試験の注意を聞きいよいよ試験開始。

普通1種AT路上試験の受験者は私を含め3人。
私は2番目でした。

トップバッターの人は20代の女性で全体的に落ち着いた運転をしていました。
途中加速不良を指摘されていたものの最後まで完走し見事合格。
一気に緊張が高まりました。

そして私の番に。試験コースA-1で場内課題は縦列駐車。

ドアを閉める際にきつくしめすぎて試験官に「キレてんのか!?」と聞かれなんでかわからないけどリラックスできました(笑)

東門の前で一時停止をして試験官に自主経路の説明をしていざ試験開始!

ガチガチに緊張しましたけど特にミスはありませんでした。
試験中試験官はほとんど窓から外を眺めてました。

そして東門へ戻り点数が残っていたらしく場内で縦列駐車をやることに。
スムーズに全部納めて発着点へ。

試験官:「合格予定にしとくわ。よう運転できとったな。
教習所かどっかで練習しているんか?」
私:「一応平野の方でやってますね」
試験官:「そっかぁ。まぁ14時15分ぐらいまで上で待っとき。」
私:「ありがとうございました。」

まさかの1回目で合格。
本免許技能試験は仮免許技能試験より簡単だと聞いていたものの
練習の段階ではボロボロだった私がまさか1回目で合格するとは。

試験は運も関係してくるのかなと少し思った瞬間でした。
待っている間暇だったので私の前の受験者の方と談笑し今までの苦労をわかちあいました。

あとは取得時講習を残すのみですが、とりあえずこれで免許は内定。
この瞬間一気に重圧から開放されました。
思えば2ヶ月前・・・
無知な私はまさか免許取得がここまで大変だとは思ってもいませんでした。

体験談には書ききれないほど大変な思いをしました。
毎日頭の中には次の試験のことがでてきます。
周りが公認の自動車教習所で免許取得していく中・・・
自分だけいつ取れるかわからない状況。

不安と焦りが常にありました。
開放された瞬間ほんとに人生が明るくなりました。

次回は取得時講習です
posted by shiya at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一発試験 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/5/8 本免許学科試験

仮免許技能試験合格の興奮もようやく冷めてきて
免許が現実的に見え始めてきました。

GWが終わって二日目のこの日本免許学科試験を迎える。
やはり仮免許学科試験より普通に難しいらしく
落ちる人も結構いるみたいだったので少々不安になりながらも
試験開始。

前日詰め込んだだけなのでかなり不安がありました。
文章問題で悩んだ問題が10問近くあったので確かな手ごたえはなかったのですが・・・

なんとか合格していました。
5人中2人落ちていました。

いよいよ残すところは本免許技能試験のみ!!!
ここまで来ると早く免許が欲しいのひとつしかありません。
彼女ももうすぐ車の免許を取得するので
私も早く取得したかったのです。

しかしなかなか予定があかず結局技能試験は2週間後の5/22日に。

posted by shiya at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一発試験 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/4/28 仮免許技能試験3回目

前回の仮免許技能試験不合格後・・・一切練習することなく3回目の仮免許技能試験を迎える。

このは朝9時からの試験。
「あと何回門真にいかなあかんねん」と思いながら受付を済ます。
今回の順番は2番目。

もうこの頃の私は合格する意欲がほとんどありませんでした。
半ばあきらめてたからです。
周りのプレッシャーで押しつぶされそうでしたがなんだかそれさえもどうでもよくなってたのです。

逆に言えば一番リラックスできました。

トップバッターの人は踏み切り通過後にまさかのコース間違いをして試験中止。
すごくショックだったと思います・・・

次は私の番に。
何故かすごく落ち着いて試験に挑みました。
クランク通過後も走らさしてもらいここから未知の世界に。

坂道発進も難なく通過しいよいよ最後の踏み切りへ。
一時停止して窓全開にしてありったけの声で会心の一撃の「音ヨシ!!!」...MP8ポイントぐらい減りましたがそのまま通過。

試験官に「Aコースの2番で停車して」と言われ停車。
完走できた嬉しさのあまり後方確認を忘れて下車。

すぐに試験官に手招きされ車内に戻る。

試験官:「降りるとき安全確認忘れてたやろ?
ほんでもうちょっとスムーズに運転できへんか?
歩行者用の信号が赤になったから停止してたやろ?
安全確認も抜けているところもあったしな」

私:「はぁ・・・。試験はじゃあ不合格ですか?」

試験官:「検討するから上の待合ホールで待っといて」

えっ!!!

完走したのにあれだけ言われるとさすがに不合格だったかと思ったのですがまさかの合格予定に!

この瞬間一気に力が抜けました。
周りのAT仮免許受験者から注目を受けいろいろ聞かれ会話をすることに。

私は満面の笑みでした。
この頃になると仮免許技能試験は7〜8回不合格は当たり前と聞かされていたのでまさか3回目で合格するとは思っていなかったのです。

急いで教習所に連絡し次は本免許学科試験に向けて勉強するようにと言われる。
余談ですが・・・
私の通っていた教習所は・・・大阪市内の教習所なんですが
あまりよくなかったです。
ほかの教習生に話を聞いてもやはり同じ意見です。

皆様これから教習所を選ばれるときは慎重に選んでください。
後で絶対後悔しないようにです。

さまざまな思いが交錯する中10時30分頃に待合ホールモニターで合格発表。
そして仮免許交付手数料を払い証紙を購入して提出。
11時50分ごろに写真ホールで仮免許を渡される。

「仮」とはつくものの正真正銘の免許証。
今でもすごく嬉しかったのを覚えています。
この日は一日中興奮したままでした(笑)
人生が180度変わったぐらい嬉しかったです。

一発試験で免許を取得された方にはこの喜びわかると思います。
そしてこれから一発試験で免許取得を試みる方も・・・
この興奮を味わうためにも是非頑張ってください。

イメージトレーニングと情報収集は大事です!
私はイメージトレーニングと情報収集だけは怠りませんでした。
情報は合格への切符です。

最大の難関を乗り越え勝利の余韻に浸った1日でした(笑
posted by shiya at 02:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 一発試験 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。